ページの先頭です

運転免許証の自主返納制度について

[2014年12月5日]

運転免許証の自主返納制度とは、加齢に伴う身体機能や判断力の低下により、運転に不安を感じる方などが、自主的に運転免許証の取消し(全部取消し又は一部取消し)を申請することができる制度です。平成10年の道路交通法の改正により、制度が開始されました。

返納後の支援について

運転経歴証明書

運転免許証を返納した場合、「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。

運転経歴証明書は本人確認書類として使用することが可能です。

高齢者運転免許証自主返納施策について(京都府ホームページにリンク)(別ウインドウで開く)

笠置町の支援施策

笠置町では運転免許証を自主返納された方に対して、住民基本台帳カードの無料発行を実施しています。

手続については税住民課の住民基本台帳カードの項目をご覧ください。

税住民課 住民基本台帳カード(紹介ページにリンク)

協賛店による支援施策

笠置町内の協賛店をはじめ、府内16協賛店においても自主返納された方に対する支援を実施していただいています。

笠置町内の協賛店

  • わかさぎ温泉 笠置いこいの館(平成26年11月1日支援開始)
  • 料理旅館 松本亭 (平成26年11月1日支援開始)
  • 料理旅館 よしや(平成26年12月1日支援開始)
  • 笠置寺(平成27年1月1日支援開始予定)
  • ドライブイン リバーサイド大扇(平成27年1月1日支援開始予定)

※平成26年12月4日現在

笠置町外の協賛店については、京都府のホームページをご覧ください。

協賛店の一覧(京都府HPにリンク)(別ウインドウで開く)

交通事故の被害者・加害者にならないために

ドライバーを卒業された後は、移動手段として徒歩が増え、交通事故の被害者側となってしまう可能性が高まることが予想されます。

みんなで防ごう!高齢者の交通事故!

を参考に、交通事故に遭わないために日頃から交通安全についてみんなで考えましょう。


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.