ページの先頭です

令和2年度笠置町職員採用試験

[2020年9月28日]

令和2年度笠置町職員採用試験の実施について

笠置町では、令和3年4月1日採用の職員を募集します。

 当町は令和2年9月1日現在の人口が1,260人と西日本で一番人口の少ない町で、直接住民の顔が見える仕事をしています。職員も49名と少ないですが、そのため職員全体でチームワークよく責任ある業務をしています。

 町民から信頼され、早く正しく適切に親切な仕事ができる職員を募集します。


募集職種・募集人数・受験資格

募集職種・募集人数・受験資格

職 種

募集人員

応 募 資 格

一般事務職

若干名

(1)平成2年4月1日以降に生まれた方

(2)学校教育法による高等学校以上を卒業した方及び同等の学力を有する方(令和3年3月末までに卒業見込みの方を含む)

技術職

(土木技師)

1名

(1)平成2年4月1日以降に生まれた方

(2)学校教育法による高等学校以上を卒業した方

(3)次の要件のいずれかに該当する方

  (1)土木専門課程の学校を卒業したした方

  (2)土木施工管理技士の資格を有する方、または令和2年度末までに資格を取得見込みの方

  (3)令和3年4月1日現在で土木施工管理技士の受験資格を有する方

※通勤可能な方

※地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する方は、受験できません。

※試験結果が合格基準に満たない場合は、採用しない場合があります。

試験

第1次試験  令和2年11月15日(日) 午前9時から

          場所:笠置町産業振興会館

              ※受験者多数の場合は、新型コロナウィルス感染症感染防止のため、会場を追加する場合があります。

          教養試験(学歴別の試験)、適性検査を実施

第2次試験  日程調整のうえ、通知します。

第3次試験  第2次試験合格者に対し、通知します。

 ※試験当日は、新型コロナウィルス感染症の感染防止のため、マスク着用でお願いします。(「受験時の注意事項」を参照してください。)

受付期間

令和2年9月28日(月)から10月16日(金)まで

持参もしくは郵送による。

※持参の場合は、平日の午前9時から午後5時までに総務財政課へ提出してください。

ただし土・日・祝日及び正午から午後1時までは受付しません。)

※郵送の場合は、10月16日(金)午後5時までに到着した分まで受け付けます。

提出書類

・笠置町職員採用試験申込書                     1通

・受験票(履歴書に貼付した写真と同じものを貼付のこと)       1通

・履歴書(JIS規格用紙または学校指定用紙、撮影後3か月以内の写真(上半身、脱帽、正面向き、縦4cm×横3cm)を貼付のこと)      1通

・土木施工管理技士の資格を有する方はその写し            1通

・土木施工管理技士を取得見込みの方及び受験資格を有する方は、証明する経歴を記載したもの(様式不問)                  1通

・返信用封筒(郵送による提出の場合のみ)              1通

※申込書及び受験票は、笠置町役場総務財政課にあります。なお申込書及び受験票は笠置町ホームページからダウンロードできます。

※提出された書類は、返却しません。

※書類に不備があった場合は受付できません。

※郵送による提出の場合は、封筒表面に『採用試験申込書在中』と朱書きしてください。

※返信用封筒には、切手(84円)を貼付し、返信先住所及び氏名を記入してください。

採用予定日

令和3年4月1日

給与等

笠置町職員の給与に関する条例等に基づき支給します

 (令和2年4月1日現在の大卒初任給は、182,200円です。)

提出先及び問い合わせ先

〒619-1303 京都府相楽郡笠置町大字笠置小字西通90番地の1

  笠置町役場 総務財政課(TEL:0743-95-2301)

先輩職員からのメッセージ

令和2年4月1日付けで笠置町職員に採用となった職員から、当町の採用試験の受験を考えているみなさんへのメッセージです。

保健福祉課 主事 太田 達也

【仕事内容や仕事へのやりがい】

私は保健福祉課で障がいや子育てに関することを担当しています。主に障がいのある方が福祉サービスを受けるための受付をしたり、笠置町の子どもが保育所へ入所するための手続きを行ったりしています。知らないことだらけで毎日、制度の勉強をしています。自分のしていることがどのように役立っているのかが理解できたときなど、嬉しく感じます。また、保育所に出向いたときに子どもたちと話しをしたり、笑顔を見られるのがすごく楽しみにしていることです。

 【職場の雰囲気】

 お昼休みなど他の課の人と一緒にご飯を食べたり話で盛り上がりとすごく楽しいです。仕事のことでわからないことがあれば先輩方がやさしく教えてくださり、誰とでもしゃべりやすい雰囲気です。

 【職員採用試験の受験を申し込もうと考えている方へ】

 私は民間企業から転職しました。1からのスタートにとても不安でした。しかし、周りの人たちがやさしく教えてくださり、自分でできることが少しずつ増え、とてもやりがいが感じられます。50人に満たない人数ですが、だからこそチームワークが強く、一緒になって頑張れていると感じます。もし一緒に働くことになりましたら、よろしくお願いいします。

税住民課 主事 上田 直暉

税住民課では笠置町民の住所や氏名、マイナンバーといった個人情報の管理を行ったり、住所異動や出生届、婚姻届の受付や住民票、戸籍、印鑑証明書の発行を行ったりしています。さらには、固定資産税、軽自動車税などの税金に係ることやゴミ、し尿など環境衛生の仕事もしています。他の課よりも一番住民と接する機会が多い仕事なので、毎日たくさんの住民の方と触れ合うことができ、また笑顔や感謝の言葉を直接受け取ることができるので非常にやりがいが感じられる仕事です。私は主に環境の仕事をしていて、ごみが不法投棄されていないか監視カメラを設置したり、木や草が生い茂っている土地の伐採、除草のお願いを所有土地の住民にお願いしたりします。最初は分からないことばかりで苦労しましたが、やさしい先輩に囲まれ丁寧に教えていただき、少しずつ自身が持てるようになりました。また、同期とは仕事の悩みを聞いてもらったり、プライベートでもよく遊ぶ関係になったり大切な存在だと思いました。笠置町は職員数が少ないですがその分アットホームな雰囲気で働けるので緊張感もなく気楽に仕事に取り組めます。ここに入ってよかったなと思えるのでぜひ私たちと一緒に笠置町を明るい未来にしていきませんか?

保健福祉課 保健師 山本 鈴佳

【職務内容・仕事へのやりがい】

乳幼児健診や予防接種事務など主に母子保健に関わる業務を担当しています。子どもとその家族それぞれの性格や考え方、家庭環境があり、個々にあった関わり合いが必要となります。まだまだ知識・経験不足でわからないことだらけですが、心身の発達が著しい乳幼児の成長を見られたとき、保健師になってよかったと感じます。

【職場の雰囲気】

  皆さんとても優しく、毎日楽しく仕事をしています。職員同士コミュニケーションが活発に行われていますので、困っているときやわからないことがあるときに質問しやすく、また丁寧に教えてくださいます。

【笠置町に対する思い】

府庁や中核市などの大きな都市にはたくさんの魅力がありますが、人口が少ない笠置町だからこそ住民さんと距離が近い保健活動をすることができます。これは保健活動以外の業務においても言えることだと思います。住民さんとの距離の近さは笠置町の魅力のひとつだと思っています。私は、笠置町が「ここに住んでいてよかった」「笠置町に住んでみたい」と思ってもらえるような地域であって欲しいと思い仕事をしています。『笠置町をより良くしていきたい』と思っている皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

建設産業課 主事 田畑 茉奈美

建設産業課に配属されてから、今までは知らなかった生活に必要な水はどのようにして家まで運ばれているか、道路や林道等の維持は誰によって行われているかなど、建設産業課に配属されて学びました。

建設産業課では、事務内容として住宅に係る家賃支払い事務、入札関係準備、檻の貸し出しなどをさせていただきました。最初はあまり良く分からずに業務をすることもありましたが、最近ではこの仕事はどういう為にするのか念頭に置きながら仕事をできるようになってきました。また業務上現場に出ることが多く大変ですが、住民の方に安心して生活していただけるよう笠置町の維持管理に関わる仕事なのでやりがいがあります。

また明るい職場で、先輩方も優しく沢山の事を教えて下さり、毎日楽しく仕事をさせていただいています。

まだまだ分からない事も沢山ありますが、住民さんの声にしっかり耳を傾けられる職員になりたいと思います。

そして、笠置町に住み続けたい、住みたい町と思っていただけるように建設産業課の一員として日々業務対応していきたいです。


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.