ページの先頭です

風しんの抗体検査および風しんの第5期定期接種について

[2019年7月24日]

笠置町内に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性のみなさまへ

2022(令和4)年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

 平成31年2月1日付けで予防接種法施行令の一部が改正され、これまで風しんの定期予防接種を受ける機会がなく抗体保有率が他の世代に比べて低い年齢層(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性のみなさま)に対し、2022年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種が実施されることになりました。 

 対象者の方には、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

 抗体検査、予防接種を希望されない場合は、受診は不要です。

対象者

 検査日・接種日において笠置町内に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性の方

 令和元年度は、国の方針の基づき対象者のうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性の方へ 『風しん(第5期)の定期接種のご案内』を送付させていただいております。

 本年度、ご案内を差し上げていない対象者(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性)の方は、来年度以降、案内を送付する予定となっております。本年度、ご案内を差し上げていない対象者の方で、年度内に 『風しんの抗体検査・予防接種』を希望される方は 保健福祉課までご連絡ください。ご案内をさせていただきます。

1. 風しん抗体検査

   ◎ご案内に同封されている『風しん抗体検査対象者確認フロー』で抗体対象者かどう

       をご確認ください。

 2. 風しんの第5期の定期予防接種(接種ワクチンは、原則、麻しん風しん混合ワクチン(M

      Rワクチン))

   ◎風しんの抗体検査の結果が陰性の方

         ※予防接種を受けられる前に、必ずご案内に同封されている『風しんの第5期の定期

          種(麻しん風しん混合ワクチン)を受けられる方へ』の説明をお読みください。


実施期間

2019(令和元)年6月~2022(令和4)年3月31日

※抗体検査については、平成31年2月8日以降の検査、予防接種については平成31年2月1日以降の接種が対象となります。 この期間に抗体検査や接種をされた方は、申請書(請求書)に領収書・明細書を添付の上、保健福祉課に申請してください。


実施場所

  1. 町内              

    ⇒伊左治医院 (Tel 95-2031)

  2. 町外(府外含む) 

    ⇒厚生労働省のホームページで抗体検査・予防接種が受けられる医療機関リストをご覧いただけます。


自己負担

無料 

※ただし、笠置町ではクーポン券を発行しておりませんので、以下のことにご注意ください。

町内の伊左治医院で、抗体検査、予防接種を受けられる場合

  受診票・予診票には「全額自己負担」と記載されていますが、窓口負担なしで受けていただけます。

町外(府外含む)で、抗体検査、予防接種を受けられる場合

  費用の全額を医療機関の窓口でお支払いいただいた後、保健福祉課に申請いただくことで、抗体検査・予防接種に要した窓口負担額を償還払いさせていただきます。

 申請には

  1. 抗体検査・予防接種をしたことが分かる領収書の原本・明細書

  2. 抗体検査の結果がわかる書類

 が必要になりますので、大切に保管してください。

   送付いたしました申請書(請求書)に、上記書類を添付の上、保健福祉課に申請してください。


受け方

事前に、希望される医療機関に、検査日又は接種日を予約のうえ、受診してください。

当日は、以下に記載する必要書類を忘れずにお持ちください。

★検査や予防接種を希望されない方は、受診しないでください。


持ち物

  • 風しん抗体検査
  1. 送付した受診票
  2. 住所・氏名及び年齢が確認できる書類(運転免許証、保険証等) 

  

  • 風しん予防接種
  1. 送付した受診票
  2. 住所・氏名及び年齢が確認できる書類(運転免許証、保険証等)
  3. 風しん抗体検査「陰性」の結果がわかる書類(検査後、医療機関から返却のあった結果表等)


風しん

◎『風しん』は、風しんウィルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2~3週間です。軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主な症状です。発疹も熱も約3日間で治るので『三日ばしか』とも呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。

◎妊婦が妊娠初期に『風しん』にかかると、『先天性風しん症候群』と呼ばれる先天性の心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性が非常に高くなります。感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。


※抗体検査・予防接種を受ける前に、「MRワクチンの効果と副反応」、「予防接種を受けることができない場合」、「予防接種を受ける際に注意する場合」、「予防接種を受けた後の一般的注意事項」等について、同封いたしました文書を必ずお読みください。


*ご不明な点がありましたら保健福祉課までお問い合わせください。

お問い合わせ

笠置町役場保健福祉課

電話: 0743-95-2301

ファックス: 0743-95-3021

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.