ページの先頭です

笠置キャンプ場の利活用に向けた社会実験における事業者の審査結果について

[2022年9月21日]

参加申請者審査結果について

「笠置町木津川河川空間活用協議会」の審査結果を受け、社会実験参加者を選定しました。

社会実験参加選定者

(選定団体1)
選定者:有限会社フジタカヌー(所在地:京都府相楽郡笠置町)
事業内容:フジタカヌーをはじめ、アウトドア関連商品の展示及び販売
出店期間:令和4年10月2日(日)

(選定団体2)
選定者:株式会社RE-SOCIAL(所在地:京都府相楽郡笠置町)
事業内容:笠置町内で捕獲した鹿肉を活用した「ソーセージ」「どて煮」「ドッグフード」及びキャンプギア(鹿革レザー製品)の販売
出店期間:令和4年10月1日(土)~令和5年3月31日(金)の期間中、土曜日・日曜日に出店。詳細は株式会社RE-SOCIALにご連絡ください。

笠置町木津川河川空間のオープン化に向けた取組について

 笠置町では、河川空間を活用したさらなる賑わいづくり・町の活性化を図るため、笠置町木津川河川空間活用協議会を設立し、河川空間のオープン化の笠置キャンプ場への適用を目指しています。
 この度、当該区域の利活用あり方を検討するため、一定期間(令和4年10月1日~令和5年9月30日)に当該区域への民間事業者の営業活動を可能とする社会実験を実施することとしました。本社会実験により、キャンプ場での営業活動に対する民間事業者や利用者のニーズ、営業活動のための条件、恒常化に向けた課題等を検証し、今後の活用の検討に反映します。

 笠置町木津川河川敷における河川空間のオープン化に向けた取組について(別ウインドウで開く)





Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.