ページの先頭です

令和3年度笠置町職員採用試験

[2021年9月1日]

令和3年度笠置町職員採用試験について

笠置町では、令和4年4月1日採用の職員を下記のとおり募集します。

当町は令和3年8月1日現在の人口が1,219人と西日本で一番人口の少ない町で、直接住民の顔が見える仕事をしています。

職員も50名と少ないですが、そのため職員全体でチームワークよく責任ある業務をしています。

町民から信頼され、早く正しく適切に親切な仕事ができる職員を募集します。

募集職種・募集人員・受験資格

募集職種・募集人数・受験資格

職 種

募集人員

応 募 資 格

一般事務職

若干名

(1)平成3年4月2日以降に生まれた方

(2)学校教育法による高等学校以上を卒業した方もしくは同等の学力を有する方(令和4年3月末までに卒業見込みの方を含む)

技術職

1名

(1)昭和56年4月2日以降に生まれた方

(2)学校教育法による高等学校以上を卒業した方もしくは同等の学力を有する方(令和4年3月末までに卒業見込みの方を含む)

(3)土木及び建築に関連する資格を有する方又は令和3年度末までに資格を取得見込みの方

   (土木又は建築施工管理技士、測量士(補)、建築士、設計士(補)等)

※通勤可能な方

※地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する方は、受験できません。

※試験結果が合格基準に満たない場合は、採用しない場合があります。

試験

第1次試験  令和3年11月14日(日) 午前9時から

        場所:笠置町産業振興会館

        ※教養試験(学歴別の試験)、適性検査、専門試験(技術職のみ)を実施

第2次試験  日程調整のうえ、通知します

第3次試験  第2次試験合格者に対し、通知します

※試験当日は、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、マスク着用でお願いします。(「受験時の注意事項」を参照してください。)

※受験者が多数の場合は試験会場を追加又は変更する場合があります。

受付期間

9月13日(月)から10月13日(水)までに持参もしくは郵送による

※持参の場合は、平日の午前9時から午後5時までに総務財政課へ提出してください。ただし土・日・祝日及び正午から午後1時までは受付しません。)

※郵送の場合は、10月13日(水)必着のこと。

提出書類

・笠置町職員採用試験申込書

・受験票(履歴書に貼付した写真と同じものを貼付のこと)

・自己調書

・履歴書(JIS規格用紙または学校指定用紙、撮影後3か月以内の写真

  (上半身、脱帽、正面向き、縦4cm×横3cm)を貼付のこと)   

・所有する資格の写し(取得見込みの場合はそれを証明するもの(様式不問))               

・(郵送による提出の場合のみ)返信用封筒(長3形) 

※申込書、自己調書及び受験票は笠置町ホームページからダウンロードできます。また笠置町役場総務財政課にもおいています。

※提出された書類は、返却しません。

※書類に不備があった場合は受付できません。

※郵送による提出の場合は、封筒表面に『採用試験申込書在中』と朱書きしてください。

 ※返信用封筒には、簡易書留分の切手(404円)を貼付し、返信先住所及び氏名を記入してください。

採用予定日

令和4年4月1日

給与等

笠置町職員の給与に関する条例等に基づき支給します

 (令和3年4月1日現在の大卒初任給は、182,200円です)

提出先及び問い合わせ先

〒619-1303 京都府相楽郡笠置町大字笠置小字隅田24番地

笠置町役場 総務財政課(TEL:0743-95-2301)

※庁舎耐震改修工事中のため、笠置いこいの館2階を仮庁舎としています。

先輩職員からのメッセージ

令和3年4月1日採用の職員から受験される皆さんへのメッセージです。

建設産業課主事 丸山 聡

〈職務内容や仕事のやりがい〉

 私が所属している建設産業課では、建設係(道路・橋梁・河川・町営住宅)、農林係(農林業振興・農業土木・林道)、水道係(簡易水道)の3つの係に分かれており、私は主に町営住宅関係を担当しています。まだまだわからないことが多く日々勉強の毎日です。

 また、当課では現場での作業を行うことが多く、その中で機械や工具の使用方法などを教えてもらい様々な知識が増えていくのが面白く、住民の方々の生活に貢献ができるので大変やりがいを感じています。

〈職場の雰囲気〉

 日々の業務を行う上で、分からないことがたくさん出てきますが、優しい先輩職員の方々ばかりなので気軽に質問ができますし、また親身に教えてくださるので居心地の良い職場だと思います。

〈笠置町を受験される方へ〉

 笠置町は四季で景色を変える笠置山、キャンプ場、ボルダリングエリア、巨大な摩崖仏や行場巡りを体験できる笠置寺などがあり、自然と歴史が調和した魅力あふれる町です。高齢化が進んでいる等の様々な課題もありますが、職員全員で解決に取り組んでいます。来年度に皆さんと仕事をできる日を楽しみにしております。

総務財政課主事 辻村 詩織

 役場での業務は多岐にわたり、その1つ1つが町民の方の暮らしにつながっています。特に笠置町では、住民数が約1.200人と近隣の市町村に比べて少ないため、住民の方との距離も近く、よりそれを感じています。その分責任も感じる仕事ですが、それ以上にやりがいもあります。

 職場の雰囲気としては、年齢や性別など関係なく、課を越えてコミュニケーションをとりながら業務を行っています。私もまだ1年目ということでまだまだ分からないことや不安なことも多いですが、先輩たちから教えていただきながら、日々業務に励んでいます。また、私が困っている時には、気が付いて声をかけていただいたり、サポートして下さるなど、職員全体の助け合おうという空気感を感じています。

 役場では、様々な部署があり、業務内容自体も異なります。そのため、覚えることも多く、日々私自身も力不足を痛感しています。ですが、これからの自分のスキルアップにもつながっていると感じています。これから採用試験を受ける方は、不安や迷いもあることと思いますが、ぜひ重く考え過ぎず、自然体で臨んでほしいと思います。来年度、皆さんと笠置町の発展のために一緒に働けることを楽しみにしています。


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.