ページの先頭です

国民年金の種類と支給条件

[2008年10月30日]

老齢基礎年金

支給条件

25年以上の保険料納付・免除・学生納付特例期間を持つ方に65歳から支給されます。

国民年金繰り上げ支給

60歳からでも年金は受けられますが、次のように年金の額は減額されます。この割合は一生変わりません。

※65歳未満で老齢厚生年金(退職共済年金)を受給している方が、国民年金の繰り上げ支給を受けると、65歳まで停止となります。

昭和16年4月1日以前に生まれた方

  • 60歳 支給率58%
  • 61歳 支給率65%
  • 62歳 支給率72%
  • 63歳 支給率80%
  • 64歳 支給率89%
  • 65歳 支給率100%

昭和16年4月2日以降に生まれた方

  • 60歳 支給率70%
  • 60歳1ヵ月 支給率 70.50%

請求が1ヵ月遅くなるごとに支給率は0.5%ずつ増えていきます。

障害基礎年金

支給条件

  1. 20歳になるまでに病気やけがをして一定の障害が残ったときに支給されます。
  2. 国民年金に加入中に病気やけがで一定の障害者になったときに支給されます。

納付要件(次のいずれかに該当する場合)

  • 初診日の前日において前々月までの加入期間のうち、3分の1以上の未納期間
  • 初診日の前々月までの1年間に未納期間がないこと。(平成28年3月まで)

遺族基礎年金

支給条件

国民年金に加入している方が死亡したとき、その方に扶養されていた子のある妻又は子に支給されます。

納付要件(次のいずれかに該当する場合)

  • 傷害基礎年金の納付要件中「初診日」を「死亡日」に読み替えた要件。
  • 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていること。

※子とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子(障害の子は20歳未満)をさします。

寡婦年金

支給条件

死亡した夫が、第1号被保険者として25年以上の保険料納付済(免除を含む)期間があるとき、婚姻期間が10年以上の妻に60歳から65歳になるまで支給されます。年金額は、夫が受けられたであろう老齢基礎年金額の4分の3となります。

死亡一時金

支給条件

第1号被保険者として3年以上の保険料納付期間がある方が何の年金も受けられずに死亡した場合、遺族基礎年金も受けられない生計同一の遺族に支給されます。(寡婦年金が受給できる場合は選択)

お問い合わせ

笠置町役場税住民課

電話: 0743-95-2301

ファックス: 0743-95-3021

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.