ページの先頭です

子育て支援医療費助成(京都府の助成)及び児童医療費助成(笠置町の助成)のご案内

[2012年9月1日]

子育て支援医療費助成(京都府の助成)及び児童医療費助成(笠置町の助成)について

 出生から中学卒業までの間 入院・入院外の医療費の一部を助成する制度です。

1医療機関ごとに1か月200円の自己負担で受けることができます。


入院について

15歳になられた年の3月31日まで 白色の受給者証を提示することのより1医療機関ごとに1か月200円の自己負担で受けることができます。

 

外来診療について

◆3歳の誕生月の末日まで

『子育て支援医療費助成(京都府の助成制度)』により 1医療機関ごとに1か月200円の自己負担で受けることができます。
医療機関の窓口で 健康保険証とともに 『白色の受給者証』を提示してください。


◆3歳の誕生月の翌月1日から15歳になられた年の3月31日まで

『子育て支援医療費助成(京都府の助成制度)』と『児童医療費助成(笠置町の助成制度)』を併用することで1医療機関ごとに1か月200円の自己負担で受けることができます。
医療機関の窓口で 健康保険証とともに 『白色の受給者証』+『桃色の受給者証』を提示してください。


  • 桃色(笠置町児童医療費受給者証:笠置町単独で助成している制度分)
  • 白色(京都子育て支援医療費受給者証:京都府の制度で助成している制度分)


子育て支援医療費助成制度
  入院 外来

0歳
から
3歳の誕生月
の末日まで

保険証
+
子育て支援
受給者証(白色)
保険証
+
子育て支援
受給者証(白色)
3歳の誕生月
の翌月1日
から
15歳になられ
た後の最初の
3月31日まで
保険証
+
子育て支援
受給者証(白色)
+
子育て支援
受給者証(桃色)
 

上記対象者で受給者証を交付された方は、京都府内の医療機関等で診療を受けた場合は受給者証を提示することで医療機関等の窓口にて助成を受けられますが、京都府外の医療機関等の場合は、一旦通常の一部負担金を支払った後、領収書を添付の上で支給申請書を役場に提出されますと、助成金の給付が受けられます。(1か月ごと、診療機関(入院・外来・調剤)ごとに申請してください。)


◎例外的に自己負担いただかないといけないもの

※入院の食事代、部屋代(ベッド代)、診断書代、書籍代等保険適用の範囲外とされるものは上記
  の制度は適用されません。

※学校等管理下の怪我や疾病など適用外のものがあります。

学校等管理下の怪我や疾病には児童医療費受給者証はご利用できません

お子様が学校や保育所などの管理下での怪我や疾病により医療機関を受診された場合は、児童医療費受給者証や子育て支援医療費受給者証はご利用できません。医療機関の窓口で証の提示をせずに一度自己負担分をお支払していただき、後日学校や保育所などで加入しております、日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度」をご利用してください。

ただし、審査により給付が受けられなかった場合は支給対象となりますので、笠置町役場保健福祉課まで医療費助成の申請をお願いします。

詳しくは、下記の「災害共済給付制度利用のお願い」をご覧ください。


日本スポーツ振興センター「災害共済給付制度」利用のお願い

お問い合わせ

笠置町役場保健福祉課

電話: 0743-95-2301

ファックス: 0743-95-3021

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連コンテンツ

子育て支援医療費助成(京都府の助成)及び児童医療費助成(笠置町の助成)のご案内


Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.