ページの先頭です

(見どころ4)千手窟

[2008年10月29日]

千手窟には、こんなお話が残っています。昔むかし、それは東大寺建立時のおはなしです。
人々は木津川を使って木材等の材料を上流の山々から流し運んでいました。
しかしある日、ここ笠置の辺りで資材がせき止められてしまい、何日も工事が滞ってしまいました。
それを知った東大寺の僧・実忠和尚は、なんとか木津川の水量を増し、資材を再び流そうと願って、笠置山の千手窟にて雨乞いの儀式をおこないました。
するとその滝穴から竜王が現れ、木津川に恵みの雨を降らせたのです。そのおかげで水量が増し、その後はスムーズに資材を奈良の都まで運ぶことができ、無事に東大寺ができあがったそうです。
実忠和尚による笠置山での雨乞い儀式が、現在に残る二月堂のお水取りの起源であるとも言われています。

千手窟

Copyright (C) Kasagi town. All Rights Reserved.